ハウスダスト対策

ハウスダスト対策

ハウスダストによるアレルギー症状がすでに出ている場合は、早急にハウスダスト対策をする必要があります。
まだ症状が出ていない場合でも、ハウスダストを放置していると少しずつ蓄積されていくので早めの対策が有効です。

ハウスダストの対策法として、家の中のハウスダストを除去することハウスダストを吸引しないようにすることが重要であるといえます。

ハウスダストはいわゆるゴミなのできちんと掃除をして清潔にしていれば大丈夫だと思いがちです。
しかし特にアレルギーを引き起こしやすいダニの死骸やそのフンなどは目に見えないほど小さく、また普通に掃除しただけではなかなか除去しきれないのがやっかいです。

更にダニは布団の中やソファ、じゅうたんなど布製品の内部に棲息していることが多く、掃除機だけでは取り切れなかったり、逆にホコリとして空気中に舞い上げてしまうこともあるので、掃除中はマスクをするなどできるだけ吸引しないように注意しましょう。
昔からダニに有効とされてきた布団干しですが、バンバン叩くことで逆にダニを布団内部に押し込めてしまったり、
太陽光の熱だけではダニを殺しきれないとも言われています。
結構な重労働であり天候に左右される布団干しに変わって、優れた布団乾燥機や布団用掃除機などを利用してこまめにダニ対策に取り組めるようになっています。

ダニを増やさないためにも、ダニのエサとなるフケや毛なども蓄積させないようこまめに掃除しましょう。
除菌効果のあるスプレー剤なども、ハウスダストが舞い上がるのを抑えられるので効果的です。
その他に普段から換気や風通しをよくしてダニが繁殖しにくいよう湿気をこもらせないようにしましょう。

またダニ対策のしてある布団やシーツを使用したり、ぬいぐるみは洗えるものを置くようにしたりなど、ちょっとした工夫からハウスダスト対策はできます。

トップへ戻る